世界のカタスミで・・・

本・マンガ・雑誌・TV…ジャンル・トレンドを問わず、日常のなかで目にしたモノをご報告!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界の音楽コンクールについて

2019年3月9日放送の「題名のない音楽会」のテーマは、

世界の音楽コンクールを知る休日

でした。
世界の音楽コンクールのあれこれについて教えてくれたのは、「国際音楽コンクール世界連盟」日本人初の役員であり、ピアニストの小川典子さん

 

ピアノコンクールの数
ピアノの国際コンクールは世界に約800
うち、世界連盟に加盟する「権威あるコンクール」は121

音楽コンクールの目的
若手音楽家が世界に羽ばたくきっかけ。
いわば、音楽家の「厳しい就職試験」のようなもので、入賞すれば世界での公演活動が飛躍的に増える。

世界のピアノコンクールと賞金例
フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール
開催:5年に1度 賞金:1位4万ユーロ(約510万円)

チャイコフスキー国際コンクール
開催:4年に1度 賞金:1位3万ドル(約340万円)

リーズ国際ピアノコンクール
開催:3年に1度 賞金:2万5000ポンド(約360万円)

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール
開催:4年に1度 賞金:5万ドル(約560万円)

※小川典子さんいわく、「コンクールのための準備や練習時間を考えると、賞金は決して大きな金額ではない」

年齢制限
例えば、2015年フレデリック・ショパン国際ピアノコンクールの出場者は、1999年生まれ(15歳)~1985年生まれ(30歳)と制限。演奏家もひとつの売り物であり、活きのよい時にデビューしてもらうことが大切だと考えられている。

コンクールの審査
日本で行われる最高峰の国際ピアノコンクール「浜松国際ピアノコンクール」の場合、11名の審査員がそれぞれの主観のみで審査をし、審査員同士のディスカッションはなし。

最後に、小川さんからコンクールに挑戦する人へのアドバイス
「ピアニストとしての個性を大事にして、自分の音楽家としての体質に合ったものを選ぶことが大切。苦手を克服するよりも、むしろ得意なものをどんどん練習して、それで勝負でするというポジティブ思考で挑戦するといいでしょう」



スポンサーサイト
[ 2019年03月09日] ミュージック | TB(0) | CM(0)

池上彰さんの「いい質問ですね」には、2通りの意味合いがあった

2019年2月21日放送分の「おはようコールABC」にて、ジャーナリストの池上彰さんが、横山太一アナウンサーとの対談のなかで、

「いい質問ですね」には2通りある

ことを明かしておられました。

いい質問ですね

ひとつは、「思わず絶句し、『そうか、そんなこと考えたことなかった』と私の考えが触発され、『そうだよなぁ、どうすればいいだろうか』と自分が一生懸命に考えるきっかけになる質問」に対する、本当の意味での「いい質問ですね」

もうひとつは、「番組のなかで、芸人さんたちとのやり取りなどで話がだんだんズレていった時に、本筋に戻れるような質問」に対する、番組を進行するうえでの「いい質問ですね」

後者、つまり番組を進行するうえでの「いい質問ですね」は、話が脱線していくことに困った池上さんにとって“都合のいい質問”がきた時に、思わず発するもののようです

   



[ 2019年02月21日] テレビ | TB(0) | CM(0)

ゲーム「バイオハザード」開発秘話

シリーズ累計で8500万本を売り上げ、ハリウッドで映画化もされたサバイバルホラーゲーム、

「バイオハザード」

第1作から20年以上経った現在も新作が発売され、世界中でファンを増やしている、日本を代表するゲームです。


ヒットの要因となったのが、それまでになかった画期的な演出方法。

その1、映画風のカット割り

当時(90年代)、ゲームのほとんどは一つの視点カメラで映し出される空間をキャラクターが移動していました(特に横スクロール型が多い)。
しかしバイオハザードでは、映画のシーンのように、キャラクターが進む方向によってカメラの視点が切り替わるのです。そうすることで、敵がいきなり目の前に現れるという恐怖演出が可能に。

その2、あえて操作性を悪くした

ラジコン操作と呼ばれる手法で、プレーヤーの向きに対して上ボタンは必ず前進移動。左右ボタンはその場で回転というように、あえて操作しづらくしたことで、恐怖感を増大させることに。

これら斬新な演出方法により多くの人の心をとらえることに成功したわけなんですが、驚きなのが、このゲームを開発したのが、

入社2年目の社員と新人社員が中心だった

ということ。

通常、ゲームの開発はキャリアを積んだベテラン社員が中心になってするもの。
ところが、当時、カプコンでは「ストリートファイターⅡ」が大ヒットしており、ベテラン社員たちはすでにある人気タイトルに掛かり切り。

そこで、若手社員が異例中の異例ともいえる大抜擢となったのです。
つまり、会社にとっては新作を作るにあたっての苦肉の策だったというわけ。

(雨上がりの「Aさんの話」2019年2月5日放送分より)

経験の浅い社員が作ったゲームが、とんでもないヒット作になるとは、何が功を奏するか分からないものですね



[ 2019年02月06日] テレビ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

うなぎ

Author:うなぎ
関西在住
行動力は乏しいが好奇心旺盛
見た目は大人、頭脳は子供
メールはコチラからどうぞ!

ブログランキング


amazonプライム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。