世界のカタスミで・・・

本・マンガ・雑誌・TV…ジャンル・トレンドを問わず、日常のなかで目にしたモノをご報告!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「京大少年」菅 広文

あたりまえのように周りには100点を取る生徒もいれば90点を取る生徒もいたし、80点を取る生徒もいた。
そのことが宇治原には信じられなかった。
100点ではなく、間違えることが。
(先生が授業でしゃべっていることが、そのまま紙に書いてあるだけやのになぁ。なんでみんなちゃんと聞かへんのかな?そら100点取られへんやん)と宇治原は思っていた。

京大少年京大少年
(2009/11/25)
菅 広文

本の詳細を見る

<作品紹介>
ベストセラー『京大芸人』に続く、 待望の自伝的小説第2弾!
ロザン菅が描く、IQ芸人・宇治原ができるまで!
幼稚園入園以前から「賢かった」宇治原の目から見た大人たち。
優秀であるがゆえに、常に違和感を抱いていた宇治原の内面に、
相方大好き芸人の菅が突っ込みながら「宇治原ができるまで」を描く。


関西ではたくさんの番組に出演しておられる、お笑いコンビ・ロザン。
とくに宇治原さんは、今やクイズ番組には欠かせない存在ですよね。

そんなロザンのお二人の、芸人になるまでと、芸人になってからの生き方を知ることができるのが本書。

個人的には、文章が稚拙なうえ内容もかなりしょーもなく思えましたが、ファンの方なら、それぞれの人柄がありありと感じられて楽しめるのではないでしょうか

⇒Blog Rankingへ

●「京大芸人」菅 広文

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

うなぎ

Author:うなぎ
関西在住
行動力は乏しいが好奇心旺盛
見た目は大人、頭脳は子供
メールはコチラからどうぞ!

ブログランキング


amazonプライム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。