世界のカタスミで・・・

本・マンガ・雑誌・TV…ジャンル・トレンドを問わず、日常のなかで目にしたモノをご報告!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「KAGEROU」齋藤智裕

「大東泰雄としての『生命の部分』は消えてなくなったとしても、それを宿していた『肉体部分』は生き続ける。そこまではなんとなくわかったんだ。でもそうすると俺は俺自身を認識できなくなるだろうから・・・・・・やっぱり『死ぬ』ってことになるのかな?」

KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤 智裕

本の詳細を見る

<内容>
第5回ポプラ社小説大賞受賞作。『KAGEROU』―儚く不確かなもの。廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。命の十字路で二人は、ある契約を交わす。肉体と魂を分かつものとは何か?人を人たらしめているものは何か?深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。水嶋ヒロの処女作、哀切かつ峻烈な「命」の物語。


「水嶋ヒロが書いたということで騒がれただけで、実際、内容はたいしたことないんじゃないの?」そう思っていました。でも、読んでみると意外に引き込まれるストーリーで、しかも、「死にたいと思って死ぬ人と、生きたいと思って死ぬ人では、本当はどちらが幸せか?」ということや「魂はどこに宿るのか?」なんてことを考えさせられたりもして、最後まで退屈することなく楽しめました。

なので、賛否両論が激しくあるこの作品、「そんなに悪くないと思うけど」という印象で私は「賛」。出るかどうかは分かりませんが、2作目を期待しております

⇒Blog Rankingへ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

うなぎ

Author:うなぎ
関西在住
行動力は乏しいが好奇心旺盛
見た目は大人、頭脳は子供
メールはコチラからどうぞ!

ブログランキング


amazonプライム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。