世界のカタスミで・・・

本・マンガ・雑誌・TV…ジャンル・トレンドを問わず、日常のなかで目にしたモノをご報告!
世界のカタスミで・・・ TOP  >  雑記 >  指南と至難

指南と至難

とある情報番組を見ていると、~を指南してくれる本がどうのこうのとやっていた。
そのとき私が気になったのは、本のことよりも、「指南」という言葉。
指南とは「教え導くこと」だけれども、なぜ、南を指すことイコール教え導くことなのか?
辞書には意味しか載っていなかったので、ネットで検索してみると、すぐにその疑問が解けた。



指南は、古代中国の方角を指し示す車「指南車」の下略。
指南車は、歯車の仕掛けで車の上に備え付けた人形の指が、常に南に向くように作られたもので、7世紀後半には、日本でも指南車が作られていた。
やがて、「指南」と下略され、道に迷わないよう一定の方向を指し示すことから、人に方向や進路を教え導く意味となった。

(「語源由来辞典」より)



パソコンを開けば何でも調べることができ、求める答えをみつけることができる便利な世の中になった。でも、いい歳して人生に迷っている私を指南してくれるものは、まだみつかりそうにない・・・。





[ 2015年05月21日] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

うなぎ

Author:うなぎ
関西在住
行動力は乏しいが好奇心旺盛
見た目は大人、頭脳は子供
メールはコチラからどうぞ!

ブログランキング


amazonプライム