世界のカタスミで・・・

本・マンガ・雑誌・TV…ジャンル・トレンドを問わず、日常のなかで目にしたモノをご報告!
世界のカタスミで・・・ TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  映画「ザ・レイド」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「ザ・レイド」

全員 無事で帰れることを願うぞ
よし 魔窟に乗り込もう

B00N9SAGDGザ・レイド [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 2014-10-24

by G-Tools

<ストーリー>
インドネシア、ジャカルタのスラム街にそびえる30階建ての高層ビル。麻薬王リアディが支配するそのビルは、ギャングやドラッグの売人たちのアジトである。この悪の巣窟に、新人警官ラマを含むSWATチームが奇襲を仕掛けるが、各階を制圧しながらリアディの部屋を目指すなか、途中で彼に気づかれてしまう。ビル内のスピーカーからリアディの声が鳴り響く。「住人諸君、当ビルの害虫駆除に協力せよ」リアディの右腕、マッド・ドッグ率いるギャングの怒涛の銃撃に遭い、退却の道を絶たれる隊員たち。しかし彼らは超人的な身体能力の高さと格闘スキルを駆使し、敵を一人ずつ始末しながら上階に向かう。そして、明らかになる衝撃の事実とは?


顔の傍で銃をぶっ放す、体にナイフを突き刺す、頭を床や壁に叩きつける・・・、ジャッキーチェンの映画からユーモアを取り払ってより生々しいものにしたら、こんな感じになるのかな、といった印象を受ける過激なアクションの連続でした。

圧倒されたのは、マッド・ドッグとの格闘シーン。自分が有利でも銃は置く。同時に二人を相手にすることになっても、あえて捕らえていた者を開放する。それほどまでに己の肉体をもって闘うことに自信があるマッド・ドッグが、とにかく強い。

ストーリーはさておいても、格闘シーンは一見の価値ありです。




[ 2017年04月25日] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

うなぎ

Author:うなぎ
関西在住
行動力は乏しいが好奇心旺盛
見た目は大人、頭脳は子供
メールはコチラからどうぞ!

ブログランキング


amazonプライム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。